山菜こごみの見分け方紹介!賞味期限はどのくらい?

目安時間:約 6分

こごみ
クサソテツ、別名「コゴミ」はとても人気の高い山菜です。

 

毎年3月から5月ごろにかけて芽を出し、
若芽がとても美味しく天ぷらやおひたし、和え物が定番の春の味覚が楽しめる山菜です。

 

今回は人気のある山菜コゴミと他の山菜の見分けるポイントや
コゴミの賞味期限などの豆知識を紹介します。

コゴミとは

一般的には「コゴミ」、ある地域では「コゴメ」と呼ばれていますが、
正式名称は「クサソテツ」草蘇鉄と呼びます。

 

呼び名の由来はコゴミの若芽の姿を見た時に、
人が前にかがんでいるように見えるため「(前)コゴミ」と広く言われるようになりました。

 

分布場所ですが山里の草地、山地の林内、谷ぎわなど湿り気のある場所に生える多年生のシダ植物です。
北海道から九州まで生息しているので日本では広い地域で親しまれています。

 

初春頃(3月)に地中から葉先が丸まった数枚~十数枚の葉を束状に出して、
成長と共に葉が開いてきます。
最終的には1メートルほどの背丈に伸びますが、食べられる部位は若芽だけなのでそれほど多くはありません。

 

山菜独特のアクはとても少なく、熱湯で2~3分茹でるだけでアク抜きはOKです。
天ぷらにする場合はアク抜きは要りません。

コゴミの見分け方のポイント

コゴミは山菜の中でも若芽の形状が特徴的なため比較的見分けやすい山菜です。

 

しかし非常に似ている山菜があり「ミヤマメシダ」や「キヨタキシダ(アブラコゴミ)」といった山菜としっかり見極める見分け方のポイントを紹介します。
ミヤマメシダ
上の画像はミヤマメシダですが、葉っぱの柄が褐黒色なのがコゴミとの大きな違いです。

黒くなった鱗片<茎に着くうろこ状のもの>(ゴミみたいに見える)が葉までびっしり付着しています。
コゴミは鱗片が緑ですので鱗片を見比べると比較的見分けやすいです。

 

 

一方「キヨタキシダ」とは別名「あぶらこごみ」「あかこごみ」とも言われています。
通常コゴミは一つの株から何本か束になって芽を出しますが、キヨタキシダは一本ずつ芽をだすのが特徴です。

葉柄や茎は赤紫色をしており、鱗片は褐色をしていることから「あかこごみ」と呼ばれています。

 

コゴミとの見分け方は茎の色で区別します。
コゴミは茎の色が緑色なのに対して、あかこごみは茎が赤紫色です。

 

ただし「ミヤマメシダ」や「キヨタキシダ(アブラコゴミ)の2種共に
食べることが可能ですので、採取の際そこまで神経質になる必要はありませんよ。

特にキヨタキシダ(アブラコゴミ)は山菜の中でもアクが無く、クセがないと言われており
とても美味しい山菜としてとても人気のある山菜です。

コゴミの賞味期限ってどれぐらい?保存方法は?

野菜室
コゴミは比較的早い日数で痛んでしまうので、賞味期限は冷蔵庫で保存しても2~3日で食べるようにしてください
基本的には採取した日か次の日には食べ終えるようにしています。

 

冷蔵庫で保存する場合は、コゴミが乾燥しないよう新聞紙で包み
かつ呼吸ができるように空気孔を開けて保存
してください。

 

そうした方がより鮮度を保ったまま保存できます。

コゴミを調理する時のポイント

コゴミにも少なからずアクやクセ味があります。
これはコゴミに多く含まれているポリフェノールがアクやクセ味を引き起こしています。

 

このポリフェノールは実は活性酸素を抑制する働きがあると言われており
老化予防にとても効果があると言われています。

 

ポリフェノールはご飯を食べて摂取したコレステロールが血管内で悪玉コレステロールになるのを防ぎ、
血管を健康に保ち結果として老化予防に役立ちます。

 

しかしこのポリフェノールは1点厄介な点があって、水溶性のため水に溶けやすいという欠点があります。

なのでポリフェノールをしっかり摂取するためにはアク抜きが要らない天ぷらにするのがおススメです!

さいごに

コゴミと似ている2種類の山菜の見分け方についてお話しましたが、他の2種類とも食用として食べることができる山菜なのでちょっと安心ですね。

 

しかし山菜の中でも一見すると見分けのつかないものでも食用とそうでないものもありますので、山菜採りに出かける前にお目当ての山菜についてしっかりと調べておくことは忘れないようにしてくださいね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール

副業サラリーマン:たけ志

脱サラ移住猟師:たけ志

未就学児3人を抱えたまま東証1部上場企業を退職し転職先はまさかの猟師!!しかも全く土地勘の無い四国へ移住しました!

詳しいプロフィール

最近の投稿
カテゴリー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。